住宅ローン審査に通るには?

フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。

ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。

世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。

という点は35年という長い間、世の景気に左右されることなく、厳しい審査が待っています。

一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

また、それに加えフラット35の審査特徴として他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。

という所です。

これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

夢のマイホームを建てたいと考えたときに銀行などから申請できるマイホーム購入時の融資がとても頼りになります。

だけど、数ある中からどこを選べば良いのか?とても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方の参考としては、近場の金融機関を選んだり不動産屋の担当者に任せても良いですし、インターネットバンキングでも申し込みをする事ができます。

ただ、どこに申し込んだ場合でも審査が必ず必要で申込者全員が通る。

という甘いものではありません。

将来、自分の家を新しく建てる予定がある方、実際にどれくらいの費用がかかり、返済期間はどのくらいなのかを知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、借入れする金額から希望する内容を細かく設定できるので、大体の返すべき住宅ローンの金額を出せるので役立ちます。

予算を簡単に試算できるサービスが揃っており、気になる商品があれば試してみると良いですね。

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。

分らない点は実際に店舗に行って相談してみると良いですね。

最近では様々な住宅ローンの商品が出回っており、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

どうしても決められないという方はアドバイザーの意見を聞いて、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

今後も金利などのお金を合わせて払い続ける立場にいますので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、無料で相談できる場合もあるので是非参考にしてみましょう。

探せる範囲でいいので自分でも検索しておきましょう。

住宅を購入する際には頭金が必要です。

頭金は一切かかりません!という広告も目にしますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

月々の返済を少しでも楽にしたければ、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。

頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。

住宅ローンの金利は大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。

どちらを選ぶかはその人次第で、銀行の方に、おすすめですよ。

などと言われる事はありません。

多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。

また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。

と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

数年以内に、大きな買い物ともいえる住宅ローンを申請したい方はしっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月々の返済額は減るので負担が大きく減ることになります。

ただ今の世の中は、ボーナスが確実に出ない会社も多数あり年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。

そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、意外にも半分以下であるというデータもあります。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

ローンの支払いをしている方の中で借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。

借り換えとは、他の銀行へ住宅ローンを組み直す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをした場合メリットがでるのかどうか、事前に調べると良いです。

住宅購入を検討されている方も多いと思います。

購入に当たりまず必要なのは住宅ローンです。

銀行や信用金庫、ネットバンクでも住宅ローンをの申し込みが出来ます。

住宅ローンを組む際には金利・審査・諸費用がかかります。

審査は、たいてい1週間前後で結果が解ります。

ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。

諸費用は、数百万単位が一般的で借入金額によって上下します。

早く欲しい!と思っても自分の物になるまでこれらの用を済ませて行かないといけません。

契約終了には約3~4カ月かかる事が多いです。

もしも、住宅ローンを返済中に失業してしまったら今後の返済はどうなってしまうのでしょうか。

トラブルが起こっても対処できるように備えましょう。

大切なのは焦らずに今の自分の状況を知ることです。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのかこの理由によって退職した場合の給付金が変わるからです。

勤め先の事業で辞めた場合は、一年間分の手当てが出るのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。

但し一回でも延滞してしまうと、続けられなくなるのでまず何を第一にすべきかを考え行動しましょう。

参考:住宅ローン審査に落ちない方法は?審査基準検証!【借り換えは厳しい?】

将来に備え住宅のご購入を考えていらっしゃる方も多いと思います。

購入に当たり住宅ローンを組まなくてはいけません。

住宅ローンは銀行や信用金庫、ネットバンクから組む事が出来ます。

住宅ローンを組むには、まず審査・金利・諸費用がかかります。

審査の合否は約1週間前後かかります。

金利は契約を結んだ月のものを採用します。

諸費用の計算は、借入金額によりますが数百万単が一般的です。

住宅を欲しい!と思っても、実際に自分の物になるまでこれらの用を済ませて行かないといけません。

すべての契約が終わるのはだいたい3~4カ月後だと言われています。

今では住宅ローンにもいくつか種類があるので、どのような商品が一番人気で負担も少ないのか分らなくて、迷っているという方がとても多いのが現状です。

そんな時に専門のアドバイザーに相談して、融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。

消費者である私達はこれから先も金利を払う義務があるので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、専門の方に無料で相談する事も出来るのです。

まずは自分でもいくつか下調べをしてみると良いですね。

マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローンです。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

申し込みの時には、銀行側から言われた資料を用意します。

やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。

ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。

といった様な簡単なものではありません。

通らない方ももちろんいらっしゃいます。

よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上が一つのラインと言われています。

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを検討されている方も多いでしょう。

借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。

借り換えのメリットとして、ローンの返済額が減る事があります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えにはそういったケースも含め住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

マイホームを持つ。

というのはあこがれるものですよね。

だけども、マイホームの購入はかなり大きな出費になります。

ですから、現金ですぐに支払いをする。

という事は、かなり難しいです。

じゃあ、借金するにはどこで住宅ローンを借り入れすればいいのか?一番いい方法は銀行や信用金庫が良いでしょう。

自分で借り入れしたい銀行を選んでもよいのですが家を建てる時にお世話になる不動産屋と銀行側が協調している場合もありますから不動産屋任せにしても良いと思います。

住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。

住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査はとても慎重に行われます。

審査の合否は一週間前後かかり、電話か口頭で伝えられます。

残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。

見事、審査が通ったら、次はいよいよ契約に移ります。

契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用は借入する額によって人それぞれなので、銀行側から指示されます。

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。

今までの人生の中で一番高く大きな商品ともいえる、大事な住宅ローンをどんな点に注意して選びましたか。

今後、借入れをしようと検索しながら調べているという方も口コミが他の情報よりも分りやすく参考になる事があります。

ネットでも注目を集めているのが新生銀行です。

その人気の理由は、何よりも金利の安さにあります。

保証料や失病保障などの手数料もかからず、月末までに申込みをされた方には嬉しいサービスもあります。

ですが年収1000万の方でも減額提示される事もあります。

後で後悔しないためにも今できる最善を尽くしましょう。

住宅ローンはどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、意外にも変動金利にするか固定にするかで悩む方が殆どです。

その理由として固定を選択すれば、一定の金額を支払えば良いのですぐに総返済額を確認出来るというメリットがあるからです。

但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるため全部でいくら返せば良いか明確には分らないのです。

それでも、今は低金利といわれる時代のせいかおよそ4割の方はこちらを選択しているという結果があります。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら後から後悔のない選択が出来ると良いですね。

マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。

ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。

もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんが現実的に見て、そういったケースは数少ないです。

ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。

住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。

長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。

審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。

住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。

ただ300万円以上あれば良いという訳でなく、勤続年数・どのぐらいの規模の会社か。

という事も重要なポイントです。

ただでさえ住宅ローンはとても高い買い物になるので、少しでも利息の安いところで申込みたいと思うはずです。

ですので、低価格で安心安全の利用者も多い利用しないと勿体無いオススメの銀行をお知らせします。

実は『イオン銀行』が今、最も注目されているのです。

注目のポイントのその利息の安さにあると言えますし、それでいて契約している方には、イオンでの買い物の際に割引される嬉しいサービスが付いてきます。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。