災害時の携帯電話はどういった機能があるの?

携帯電話には、災害伝言板機能がありますが、これは携帯電話の電話番号で自分の無事を家族などに知らせることが出来ます。
そんなサービスとなっています。
※ 全ての携帯電話会社が採用しています。
被災地支援の為に現地に行きたいと考えていた人は沢山いると思いますが、被災地域が広範囲にわたっていた為、現地まで到達することが出来ない状況でもあります。
(汗)。
このような時、災害伝言板があると、とても役に立ちますよね。
(笑顔)。
震災によって紛失したりだとか、壊れてしまったりした携帯電話も沢山あると思います。
これらは携帯電話会社の支援活動の一環でもあります。
日頃は何気なく使っている携帯電話だと思います。
東日本大震災では、電気が数日間不通だった事で、避難所で携帯電話の充電をする人が行列になりましたよね。
電力会社、携帯電話会社の支援のありがたさがわかる出来事だったと思います。
一般的には携帯電話は災害時に使用することが出来ないと言います。
それは電気がないからだと言うことですね。
(汗)本当に全ての電気が止まってしまったら別ですが、電気、電話と言うライフラインは、早い復旧が可能となっています。
被災地支援の情報収集手段に、多くの人、企業が携帯電話に依存していることが明らかにもなっています。
その傾向は、これからもっと強くなっていくことだと思います。
災害時の買い溜めについて