近頃の高速バスは設備がすごく充実しているものが多いです

高速バスは一昔前に比べると最近は設備が格段に進歩しています。
ではどんな点が特に進歩しているのかを具体的に見ていきましょう。
<シート>通常は真ん中に通路があって左右両側に2席づつあるのが普通ですが、最近では「3列独立シート」というスタイルのものがあります。
これは1席づつのシート3列が通路を挟んで並んだものです。
したがって列と列の間に2本の通路がありますから移動が便利なことこの上ありません。
<トイレと洗面台>トイレはどの席からでも行きやすいように車両中央部に設置されています。
また洗面台はサービスコーナーに設置されているケースもあります。
<送風機とシートヒーター>高速バスでは温度管理が大事です。
そのため冷風が出る送風機が装備されています。
またシートヒーターも装備されていますから各々で温度の微調整が可能です。