行政書士は毎年7万人近くの人が受験しています

行政書士というのは、大変人気の高い資格で、7万人近くの人が毎年受験しています。
その中には、行政書士の資格を取得して、就職や転職をしたいと思っている人が多いそうです。
現在のような不況であれば、実際に転職・就職するのは困難です。
そのような状況の中で、どこの企業にも経験も資格もないような人を雇うほどの余裕はありません。
低賃金の単純な作業で仕事をするのがせいぜいです。
そこで、転職・就職に際して、行政書士の資格があると強くなりますし、もし就職・転職ができなくても、自分で独立して稼ぐ方法を身に付けることができます。
そして、安定した生活と収入を得ることが出来ます。
しかし、そのためには行政書士のことをしっかりと知っておく必要があります。